イヌワシ 思い出 Ⅴ 2017/1

迷走の雨台風は当地にも大きな被害を残して北東に去っていきました。
何もなかったように夕方は秋晴れとなって近くの林からカナカナ蝉の時雨が聞こえてきます。
撮影はお休みして証拠写真の域を出ませんが珍しい厳冬期のイヌワシの姿を初めて捉えたものです。
2017./1 撮影
2017/1 伊吹
2017/1 伊吹
2017/1 伊吹
2017/1 伊吹
2017/1 伊吹
2017/1 伊吹
スポンサーサイト

コメント

滋賀県

姉川が氾濫して長浜市が大変な被害になりました。
この頃の嵐は雨雲がいつも同じ所を帯のように通っていくので長時間大量の雨が降ります。
どうなってしまったんでしょうね、日本の気候・・・

今日は録画していた『ワイルド・ライフ』のピレネー山脈に生息するヒゲワシを見ました。
絶滅寸前だったそうですが、保護のお陰で数が増えてきつつあるということです。
卵は一度に2個くらいしか産まず、そのうちの1個が孵化しても、生育が厳冬期にかかる為に親は餌が思うように与えられず、無事に成長するのは3割だそうです。

成長までに8年もかかり
面白いことにハゲワシが食べ残した肉の『骨』を食べます。

イヌワシ

イヌワシも真冬に卵が孵ります。
厳冬期に餌が撮れないと幼鳥は育ちません。
二羽孵っても保険みたいなもので最後は一羽しか育たないようです。
非公開コメント