ニュウナイスズメ

2017.8.17 撮影
ニュウナイスズメが山から降りてきました。  秋ですね。
ニュウナイスズメの名前の由来 物の本に「ニュウ」とはホクロの意味を表し、
このスズメの頬にホクロが無いからニュウナイスズメとつけられたとあった。
ニュウナイスズメ
ニュウナイスズメ
ニュウナイスズメ
スポンサーサイト

コメント

見分け

普通のスズメとニュウナイスズメ、
瞬間に見分けがつくとは。
それも遠くから。

山鳴らしさんは多分野鳥の会の会員でしょうか。

やはり野におけレンゲ草

この日は曇り空、全く見分けは尽きませんでした。
種明かしは・・・
このスズメたちは毎年同じところに止まるのです。
鳥観察は経験が大きな要素のようです。
そして私は野鳥の会の会員ではありません。
何かと規則に縛られそうなので入会はしていません。
会員になれば珍しい鳥の情報もすぐにもらえるらしいのですが?
やはり野におけレンゲ草です。

経験

面白い習性ですね。

ツバメも毎年同じところに巣を作ると聞いたことがあります。

経験と観察と一口に言われますけど・・・なかなか言うは易くです・・・
積み重ねと、過去の記憶とがものを言いますね。
非公開コメント