思い出のイヌワシ Ⅵ

最近、これと云った鳥が撮れていない。
以前撮影したイヌワシを少し加工して新たにUPしてみました。
以前は作業着であったジャンバーがおしれ着としてブルゾンと呼ばれるように・・・。
(英語でジャンバー ⇒ フランス語でブルゾン)
想いでのイヌワシ
スポンサーサイト

コメント

仲間入り

茜雲に向かい飛ぶ勇姿は、なんだか赤富士に似て福を呼び込みそうです。

私のpc画面には孫のピックアップ写真とイヌワシくんが貼ってありますが、
またまたイヌワシ君が仲間入りです!


今日は予報では28度、涼しいと思って上野の眼科まで行きましたが、騙されました。
31度だったそうで暑かったです。

先生は白内障はまだ手術するのは勿体ない?とのご判断。
(いつもの検査に緑内障の視野検査されました)
赤星先生と旧知の間柄のようで、いつでも紹介状は書いてくれます。
ただ、以前と比べて予約が立て込んで、3ヶ月待ちくらいです。

私は今は自分の年金が少ないので1割負担ですが、
後期高齢者になると世帯主(夫)と同じ3割負担になるので
その前にしたいです。厚かましいですが。
今は多焦点が多いらしいですが、先生は単焦点のほうが良いとおっしゃられます。


鳥枯れの日々

もうすぐ鷹の渡りですが今は何もいません。

つい以前撮影しましたイヌワシを眺めてしまいます。

白内障の手術は慎重に決断ください。

イヌワシ

こういう言葉があるのならというのを前提で言えば
『百鳥の王ワシ』と呼ぶにふさわしい威厳がありますね。
寄せ付けない強さ・・・
猛禽類はどれもそんな雰囲気が漂います。

鳥枯れは・・・暑さ? 風向き? 餌の有無?

白内障手術のご忠告ありがとうございます。慎重に決めたいと思います。
一人の友人は多焦点(家の近くの病院)
もう一人の友人は単焦点(井上眼科)です。
今のところは順調みたいです。

山鳴らしさんは手術後はいかがですか?



白内障

右目を白内障の手術をしましたが良くなった感じはありません。

右目は紫外線に弱くアレルギーの目薬を毎日4回さしています。

頼りの左目は良く見えるのですが緑内障で眼圧の目薬を毎日さしています。

この状態は良くなることはなく加齢によるものとあきらめていますが・・・困ったものです。

サングラス

山鳴らしさん、

外出はぜひともサングラスをかけてくださいね!
もうそうなさっていると思いますが、白内障の予防はサングラスです。


私も若い時よく見えすぎたので、緑内障のリスクがあるそうです。
レンズが膨らんでなんとかかんとか・・・それで光の角度がなんとかかんとか・・・
説明が難しくて・・・???
そのリスクを抑えるには白内障の手術を早めにやった方が良いとのこと。
でも、経過が変わらないので急ぐことはないと・・・昨日言われて・・・。

今は不自由していませんので、敢えて急ぐこともないと思います。
ご忠告を肝に命じます。

サングラス

毎日、車を運転をする時間が長いので右目保護が必要です。
出来るだけサングラスを使用しています。

そうですね ご自分の体は一番ご自分が知っていることですから。
非公開コメント