イナバウアー

2017.8.31 撮影
断崖絶壁に立つ老人、ぐんぐんとイヌワシが近づいてきた。
三脚からカメラを外すといきなり老人は殆ど意味の無いイナバウアー  華麗(加齢)にはいかなく頭だけ。
はっと 気が付けばまさしく崖っぷち、いくら人生下り坂だがここで急いで落ちるわけにはいかない。
イヌワシ
イヌワシ
スポンサーサイト

コメント

ハラハラ・・・

ただいま帰りました。

6歳の孫が私の乗った電車をいつまでも全速力で追っかけるのです。
田舎の駅で誰も居ないとはいうものの、いつもハラハラします。


山鳴らしさんのイナバウアーも、ハラハラします。
長年の経験と体力がものを言ってると充分承知してますが、
命あってのものだね。一瞬のクラっに気をつけてください。


「まさかの時にはイヌワシが俺をシッカリ掴んでくれる」と思ってはダメですよ。

素晴らしい情景ですね でも危ない

お孫さんが走る情景が目に浮かびます。

夢中になれるのは老人でも・・・

充分注意をして撮影しています。

ここで事故を起こせばイヌワシ撮影が禁止になることは目に見えていますから。

年々、少し崖から離れて撮影です。
非公開コメント