9/14 のイヌワシ

2017.9.14 撮影
陽が傾き始め琵琶湖西岸には怪しげな前線の雲が出てきた。
その方向よりやっとゆっくりとイヌワシ番が仲良く飛翔する。
イヌワシ
イヌワシ
イヌワシ
イヌワシ
イヌワシ
スポンサーサイト

コメント

威圧感

大空をゆったり飛んでいるときはのどかな印象を持ちますが、
アップになると並外れてすごいですね。目が!
目力ですね。


イヌワシは一生ずっと同じペアで過ごすのでしょうか・・・

ちょっと調べてみます。

調べました

予想通りでした。
絆が強いですね。

今の時代・・・人間のほうが見習うこと多いですね。
厳しい自然を相手に生き抜かねばなりませんから、
必然、そうなって命を繋いでいくんでしょうね。

http://www.sizenken.biodic.go.jp/mokin/center/room03_3.html

伊吹山のイヌワシ

伊吹山のイヌワシ限定で私の知る限りではそうではありません。

ペァーの入れ替わりが3-5年ごとにしているようです。

どちらかが不慮の事故で死ぬとすぐに相方が来ます。

それから若い雄や雌がどこからともなく飛来してきて、隙があれば老雌、老雄を追い出します。

それだけここ伊吹山がイヌワシにとって住みやすい??? のかもしれません。

生き残りをかけて

現実的というか、種の保存というか、
伊吹山のイヌワシはたくましいですね。

このような選択をするのも、本能的に仲間を増やさなければという危機感の現れ?と
感じてしまいます。

非公開コメント